こんにちは。しゅったです!

今日は資産形成において、初心者でも株をやるべきか?

やらない方がいい?等を株トレーダー目線で解説します。

この記事では株のやり方や戦略等ではなく、題名通りのことや

株を始める上での心構えを書いていきます。

よくある頭のいい人が書いた難しい記事と比べると

物足りないかもしれませんが

わかりやすく書いていこうと思います!

5分くらいで読み終わります。

1.株とは?

とてもざっくーり説明します。

株とは企業が資金を調達する一つの手段です。

企業が投資家に株(会社のオーナー権利)を売り資金を得ることで

事業拡大、新しいサービスや製品開発等を行います。

投資家は株を保有することで、資産となり株価に合わせて売却することで

売却益を得ることができます。また企業によっては株を保有している

投資家に利益の一部を「株主優待」や「配当金」として還元したりもします。

そして株を買った会社のオーナーの1人になります。

なんだか少しカッコいくないですか?

ただ、これから実際に株を買うとなると買うことができる株は

基本的に流通している株で、企業からではなく投資家から買うことになります。

ここでは深堀りしませんが、株の取引きは基本的に人vs人なんです。

株は安い価格で買って、高い価格で売るのがセオリーになりますが

上下する株価の中での売買はこれまた心理戦です。

自分がこの価格で買いたい!と思ってもその価格で売ってくれる人

がいない限りは希望の価格で買うことはできません。

株は基本的にオークションのような形式で売買されるので

売りたい人より買いたい人の方が多い場合は株価はぐんぐん

上がっていきます。売りたい人が多い場合、株価は下がり

傾向になります。その為、希望する価格より大きく上回る価格で

購入することもあるんです。少し難しいですね。。

どの株を買えばいいのか?分析方法は?

それでは投資家は何を基準に株を買う企業の選定をして

いるのでしょうか。

「会社名が好きだから」とかいうくらいの理由もある程

多くの理由がありますが、代表的な例のみ挙げたいと思います。

大きく分けて2つ!

ファンダメンタルズ分析

企業の業績や財務状況、決算資料等を分析して

簡単に言えば「これから儲けていく会社」を選ぶ手法になります。

ここでよく見る「PER」「PBR」「ROE」が判断材料として

使われます。ここでは一切触れません。笑

テクニカル分析

テクニカルについては企業情報ではなく

株価チャートの動きで売買のタイミングを分析する手法になります。

移動平均線、RCI、一目均衡表移動平均線など色々な分析方法が

ありますが、またまた触れないので別の記事を読んで勉強して下さい。!

まとめ

株の世界ではファンダメンタルズのみで取引している人、テクニカル

のみの人、両方の手法で分析して取引している3種類の投資家がいます。

2.株式投資が向いている人

以下の人は株式投資に向いている人です。

※あくまで参考です。

1.好奇心旺盛で勉強することができる

2.冷静な判断ができる

3.行動ができる

3.株式投資が向いていない人

続いて、以下が株式投資に向いていない人です。

単に先ほど書いた向いている人の逆ですね!

1.勉強をしない

2.冷静な判断ができない

3.調べるだけで行動しない

3.株式投資をする上での心構え

これまで書いてきた向いている人、向いてない人を元に説明します。

とにかく勉強すること

冒頭にも書きましたが株式投資は人vs人です。

株はネット証券に登録すれば、誰でもすぐに始めることができますが

簡単に言えば素人ですよね。株の世界はプロがうじゃうじゃいる世界で

その同じ世界で素人も戦わなければいけないんです。

資産家の与沢翼さんが何かの講演で話されていた言葉ですが

「勉強せずに株の取引きをするのは、素人がリングでプロボクサーと戦うようなもの」

と仰っていました。まさにそうですよね。プロボクサーと戦ったら

確実にボコボコにされますよね。 株の世界も同じなんです。

誰でもできるがゆえにろくに勉強もせずに取引きをしている人が多くて

その殆どが資産を削ってしまっています。

たまにラッキーで勝てる場合もある時はありますが、それは決して

続きません。もちろん勉強だけで実践をしなかったら覚えられない

ことも多くあるので、まずは基礎知識をつけてから実際に少量の

金額で取引きをしつつ勉強を継続することをお薦めします。

冷静な判断をすること。最初は特にルールを設ける

上下する株価の中で欲しい銘柄を買う価格、保有している銘柄を

売る価格は中々希望通りにはいけません。

「もっと安くなったら買おう」と思って待っていたら

株価が騰がって結局買えなかったり、保有している銘柄の株価が

下がっている場合に「騰がるまで待とう」と下がり続けているのに

いつまでも売れず、結局資産が暴落してしまうこともあります。

このような事を防ぐために、ある程度自分の中でルールを設けること

を勧めます。

1.〇〇円~〇〇円までならこの銘柄を買う!それ以外は買わない!

2.この銘柄は〇〇円まで下がったら売る(損切り)!

このような感じで都度具体的な数字でルール化できると良いですね。

人は熱くなると冷静な判断ができなくなるので、強い気持ちも必要です。

何事も行動すること!

基礎知識をつけたらまずは始めてみましょう!結論としては、株は初心者でもやるべきです!

行動しなかったら何も始まりません。

そして、有名な投資家が行っている有料のセミナーとかは

どんどん参加したりするべきだと思います。情報は何より資産になります。

勿論詐欺の情報もたくさんあるので注意が必要ですが。

もしもこの記事を読んで、ネット証券に申し込みして

始めようと行動した人がいれば、その人は既に他の人

より向いているし前に進んでいます。

この前進が人生を豊かにするはずです!

最後まで読んでいただき有難う御座いました!!

投稿者プロフィール

しゅった
しゅった
プログラミングや株式投資、ブログなんかをやって生きています。
一児のパパでもあります。
賢く生きる為のビジネス❌格闘技の有益な情報を届けたいと思ってます!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事